カオスのお手玉

読書家にはほど遠い怠け者による、編まれた紙片の備忘録。どなたかのお役に立てれば、もっけの幸い。

一人暮らししたら、負担は軽くなるのか

夜中につらつら考えてしまうと、よくたらればを考える。

もし、私が子どもの母ではなかったら(たとえば急成長して急に自立、とか)。

まずは離婚して一人暮らしする。1K+本棚部屋のあるマンションに引っ越す。できればペット可。横長の丸い顔した短毛種ネコを飼う。

 

好きな時間に起きだして、カーテンを開ける。洗濯機のスイッチを押す。パンにレタスと夕飯の残りのローストビーフとチーズを挟んだサンドイッチをグリルで焼く。淹れた紅茶にすこし牛乳を入れて、ゆっくり朝食をとる。新聞に目を通す。ベースの音が強めの音楽を聴く。

 

皿を洗って片付けテーブルを拭いたら、窓を開けてハタキで埃を落とし、掃除機をかける。ウェットクリーナーで水拭きする。読み散らかした本を本棚へ戻す。水回りの掃除をする。

洗濯物が終わったころなので、外に干しに行く。ちょっとだけ伸びをする。

 

窓は開けたまま、ソファに寝転んで本を読む。エッセイか、短編小説集か。飽きてきたら、仕事の資料用の本に目を通す。きっと煮詰まる。なので外に出たくなる。

 

コンタクトを入れて化粧をする。髪をブローして、マスカラをつけて口紅をひく。ジーンズの裾をロールアップして、スニーカーを履いてスーパーへ。

 

自分が食べたいものだけ少量の食材を散歩がてら買いに行き、帰ったらすぐ料理。自分が作ってみたいものだけ作る。写真撮ってSNSとかに上げて、「もっと美味しくするには?」なんて質問を投稿したりする。食器や鍋は洗って片付ける。

 

すこし化粧を直して、再度外出。映画を観に、日比谷、新宿、渋谷、吉祥寺などへ。結局映画館ハシゴして終了。近場の喫茶店に入って、映画評をしたためる。TSUTAYAでDVDを借りて帰路につく。途中の商店街で、てきとうに夕飯を買って帰る。

 

ごはんを食べながらDVDをみる。終わったらやはり映画ノートにコメントを書きつける。風呂に入って、美容パックして、マニキュアでも塗ろう。寝室に入って、仕事用の本やら趣味の本やらいろいろ読む。飽きたらタブレットNetflixのドラマをみる。で、寝る。

 

 

基本的な流れは、いまの生活とそれほど変わらない気もする。外に気軽に出られないのが大きい。これはかなり大きいな。時間を気にして帰宅しなきゃいけないというのも。

実際にしていることは同じようでも、「したい」からするのと、「すべき」だからするのとでは、心理的な負荷がちがうんだろうな。

いまは誰かに仕えている感覚が強い。なんなら、一人暮らしはもっと先でもいいから、とりあえず今は子どもとふたりだけで暮らしたい。

 

文化は、享けるも与えるも、基本的にはひとりの個人だけが主体になる。